10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

独立開業事例紹介プロデュース事例紹介

BRUSH PREMIER 理容室 神奈川県・鶴見

BRUSH PREMIER

理容室

神奈川県・鶴見

横浜市鶴見区佃野町23-40-1F

http://www.brush-hair.com/
オープン
2024年3月22日
店舗面積
17.83坪

Concept

2013年4月18日開業の1号店『BRUSH』の開業より11年目に2号店が出店となりました。1号店より、さらにワンランク上の男磨きを提供するハイグレードなメンズオンリーサロン。施術はすべて完全個室で極上の時間を味わえるような空間づくり。

オーナー原口太郎さん43歳※開業当時

制作期間

  1. 2号店計画の相談を受けるがコロナの影響で計画見合わせ
  2. 2年半後、コロナも落ち着き、再び気になる物件が出たため初回から現地で適正検証
  3. 当物件を対象に開業予算、収支計画を多角的に検証後、フルプロデュース開始!

物件検証~ 事業計画診断〜融資準備~店舗デザイン~工事完了~OPENまで4ヶ月半

Photo

  • 同じ鶴見地区だが、1号店とは少し離れた地域に店を構えました。
  • かなり人通りの多い商店街の中にBRUSH PREMIERは誕生。
  • 1号店同様に、一見はヘアサロンには見えず、さながらテーラーメイドの服飾店を思わせる。
  • 店内のメイン材料はオーナー原口さんこだわりのレンガづくり。
  • カウンターは制作せずに既製品を買付で予算節約をはかった。
  • 外から施術の様子は見えず、すべて完全個室のスタイル。
  • 3つの個室それぞれに向かう廊下が印象的で絵画のギャラリー壁にしている。
  • 1つずつの個室内は広く、客が自分の専用部屋で施術を受けるような感覚
  • 3つとも基本的には同じスタイル、同じ広さ、同じ設備の空間。
  • 今回も1号店同様、グラフィック担当は辻井泰子
  • 左:オーナー原口太郎さん、右:この店の店長を務める松島美希夫さん
  • 1号店の開業から実に11年、立派な経営者に成長されました。
  • 記念撮影(左から藤井真哉、松島美希夫さん、原口太郎さん、飯島由敬)
  • 愛知在住ゆえに辻井は参加が叶わず。11年前とすべて同じメンバーでこの店は生まれました。

【プロデュース】飯島由敬

【店舗デザイナー】藤井真哉(アトリエリベロ)

【グラフィックデザイン】辻井泰子 (泰々房)

【ホームページ制作】常世健治(ピクセルラボ)


これまでの期間のプロセスは、当サイト内のコラムにて記事にしていましたので御覧ください。
↓ ↓ ↓

◎2021年4月13日の記事・この時、一度2号店計画の相談を受けていました。
https://bh-inc.co.jp/news/210413-brush/

◎2023年11月13日の記事・物件チェック〜2号店計画開始!
https://bh-inc.co.jp/news/231113-brush-premier/

◎2023年12月26日の記事・計画進行状況まとめ
https://bh-inc.co.jp/news/231226-brush-premier-2/

◎2024年2月1日の記事・計画進行状況まとめ
https://bh-inc.co.jp/news/23201-brush-premier/

◎2024年2月22日の記事・計画進行状況まとめ
https://bh-inc.co.jp/news/23222-brush-premier-process/

◎2024年3月11日の記事・進行状況まとめ
https://bh-inc.co.jp/news/230311-brush-premier-process/

◎2024年3月21日の記事・オープン前日、原口さんへ送った重要なアドバイス
https://bh-inc.co.jp/news/230321-brush-premier-process/