10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

ニュース&トピックス

お知らせ

8/22・美容業界の業者様のご依頼によりWEB上にて講演会を企画していただきbh飯島が登壇させていただきました!

2023年8月22日(火)18時〜19時でbh飯島由敬WEB上の講演会にて登壇のご依頼をいただきました。題目は「美容室開業で失敗しない4つのポイント」で、主にすでに開業後1年未満で経営の渦中におられる美容師さん、理容師さん対象にお話させていただきました。

 

美容業界の業者「株式会社アライズ」様よりご依頼をいただき、この度「美容室開業で失敗しない4つのポイント」という題材で約50分お話をさせていただきました。この題材は、事前にアライズ様よりご提示があり、主に開業直後の経営で悩んでいる美容師さんの為に何らかのヒントとなる経営の考え方、心構えを語ってほしいとのご要望によるものでした。

最初は、簡単な自己紹介からスタートで、飯島が元々は長年「店舗デザイン設計者」として22年活動していたことや、プライベートではブルース・リー創始の「ジークンドー」のインストラクターという側面を持っていることなども触れつつ、ちょっと変わり種な店舗開業専門家であることをアピールさせていただきました(笑)

開業計画とは、誰もが必ず限られた予算というものがありますが、殆どの場合、人それぞれ限られた予算を大きく超えて開業を果たしていることがすべての問題なのです。

本来、上限ありきの開業予算内で、以下にコスパを高く開業を果たせるかで先々の運営の明暗は確実に分かれます。

また、開業したばかりの初年度は特に開業者は平常心を保つことが困難です。しかも直面することはすべて初めての出来事ばかりなので、むしろ混乱しないことのほうがありえないことかも知れません。問題は、直面する出来事にイチイチ慌てふためくのではなく、少なからず事前に「想定」して挑むことが重要なんです。開業初年の苦しさは、ある意味当然のことと言えます。

習い事、勉強にしかり、何をやるにしても最初が最もキツイのです。開業もまるっきり同じことがいえるのです。最初から楽な人はまずいません。これも開業前に心しておくことの一つです。

飯島おなじみの、「車の例え」です。開業初年度は、免許取り立ての段階のようなもの、まずは車に慣れる為の時間が必要になります。ここを多くの開業者さんは想定しておらず、様々な混乱を抱いたり、最悪の場合、無謀な運転をしてしまいがちなんです。

まず、開業を果たしたら、丸1年間は、じっと我慢の時期です。1年間のワンクールをまず体験する時期であり、観察、効果測定の期間と捉えるべきです。何事も、種を撒いても、すぐに収穫はできないもの、上手に耕し、実らせてからの収穫・・・開業もこの収穫までの「タイムラグ」をしっかり理解すべきなのです。

旧職場で、忙しく働いていた数ヶ月前・・・この頃の多忙な体感が、開業初年度の心を揺らします。車で言えば、旧職場で働いていた頃は150キロの快適走行中の感覚なんです。しかし、開業直後は?

まず、車を動かして、徐々にスピードを上げていく段階があっての快適走行です。マニュアル車で例えれば、4速ギアまで絶妙なギア操作が成功してこそ、はじめて味わえる150キロ走行です。この地味なギア操作の時間こそ、開業の1年間なのです。

そして、これから開業する方々へのメッセージもお伝えしました。開業で失敗してしまう人、あるいは開業しても経営が苦しい状況になってしまう人、飯島が見てきたあまりにもたくさんの過去のデータによると、開業ノウハウは独学ではまず、無理があるということです。開業者はとかく、周りの先輩、友人、ディーラーなどから開業のアドバイスを集めてしまうものです。しかし、これら専門家ではない方々のアドバイスは、時として取り返しがつかなくなるほど危険なこともあるのです。開業は、その時の世の中の情勢や、時期によって、ノウハウも異なるのです。なによりまずは、自身で正しい情報を収集することから始めれば、開業での失敗はかなり避けられるようになるはずです。飯島が毎回、しつこく発していることですが「最初は正しい知識を得ること」次に「完璧な準備」この2つが整った後に、いざ行動です!

この、精神性ですが、マニアックですみません・・・ブルース・リーの有名な言葉を引用して解説させていただきました。実は、こうしたブルース・リーの残した哲学は、実際のビジネスパーソンや有名アスリートも影響を受けているほどなんですよ。実際に飯島から受講された方はわかると思いますが、飯島の各種講座では、ちょくちょく引用してますよね。

アライズ様側から、成功している人の傾向についても語ってほしいと事前に言われました。実は、飯島が携わった100以上の案件においての考察となりますが、成功する人ほど、最初は「私はビビリなもので・・・」と語っていました。逆に失敗の危険性満載の人は、「根拠ない自信家」が多かった・・・この後者のほうが、プロデュースもやたらと手こずったものです・・・まずは自分のカップの水を空にしてね・・・ってその度に思ったものです。

あともう一つ、成功の秘訣は、しっかりとした「運転資金」の確保です。そんなの当たり前じゃん、って思うでしょうけれど、開業計画を進んでいき、いざ開業の日を迎えた時が、最終集計地点なんです。この集計時に、「運転資金300万円残す!」と言っていた人が、「あれ?運転資金100万円も残っていない・・・」と言っていること多し!これは、間違いなく苦しい運営の始まりを意味します。運転資金の不足は、短命店舗へ向かっていることを意味します。本当に注意なんです。

最後に、すでに開業し、とても苦しい渦中に身を置く開業者さんへのメッセージもお願いされておりました。これも過去のデータからの考察ですが、苦しい運営の方々のすべての原因を辿っていくと「コンセプトの明確化」が甘かったり、「なんとかなるだろう精神」で安易に計画を進めた人たちが目立ちます。すでに開業しているということは、すでに船を出航させており、海の上にいるということ。この段階で遭難時の対策グッズは手に入りません。すなわち救済が非常に難しくなっており助けられない可能性もあるのです。それでも活路を見出すためには、改めてコンセプトに立ち返るか、あるいはコンセプトなど考えなかったというのなら、今からでもコンセプトの構築をすること!ただ闇雲にジタバタしながらの運営は、確実に沈没の方向に進んでしまうということです。

さて、ザックリではありますが、50分に渡り、このような内容を熱く語らせていただきました。いずれアライズ様より提供いただいている動画データもあり、bhでも一般公開の許可も頂いているので、いずれ若干の編集作業後に公開させていただきますね。



オンライン動画講座集

↑bh飯島由敬・動画オンライン講座集リストへ


【bh飯島由敬・著書及び監修書籍】

著書(2023年発売)

 

著書(2022年発売)

 

著書(2018年発売)

 

監修書籍(2008年発売)


【独立開業出店のご相談・各種講座】

bh 飯島由敬 直接対応による無料相談ほか、各種講座受講の申込は⇒こちらより